Artist Village

【ライブ】一人参戦のすすめ

May 24, 2020

ライブに一人で参加するのは、寂しい。けど一緒に行ってくれる友達もいないし。

一人で行く際の楽しみ方を教えます。

チケットを取ろう

友達とチケットを取る際、2人で2枚ずつ申し込んで当たる確立を高めたりしますよね。

もし2人当たってしまった場合、どちらが払い込みをするのか揉めることがあります。

また、もしどちらかが当たった場合、その当たった人が払うことになると思いますが、手数料込みで1円単位まで請求するのは何かケチな感じがします。

だからといって、少なめに見積もって請求しても、わざわざ払い込みしたのになんで私の方が損をしないといけないの!

と不満が溜まります。

しかし、1人での参加であれば、そういった面倒くさいことを考えずにチケットを買うことができます。

ライブ会場に行こう

ライブ会場に行く時間は開場時間のどのくらい前に行きますか?

グッズを買う予定がない人は直前かもしれませんし、グッズをどうしても買いたいという人は3時間前かもしれません。

もしあなたが開場の直前に行こうとしていたのに、一緒に行く友達に3時間前に行きたいと言われたらどうでしょうか。

断れるような仲であればいいですが、そうでなかったら欲しくもないグッズに並ぶために3時間前に会場に向かわなければなりません。

さらに私の場合、会場へ向かう電車の中では音楽を聴きながらどんなライブをするのか想像したいタイプなので、友達と一緒に電車に乗る場合はそれができません。

1人の方が時間を好きに使えるんです!

ライブの待ち時間

ライブの待ち時間って何をすればいいかわかりませんよね。

激しいライブの時はスマホすらロッカーに入れてしまう場合もありますし、ライブハウスだと地下の場合もあるので、圏外であったりします。

何もすることがない場合、何をするかというと、イメージトレーニングです。

これから始まるライブを想像してモチベーションを高めます。

そのためにもやはり行きの電車の中では音楽を聴いて予習しておきたいものです。

現地で友達を作る

でもやっぱり1人は寂しいよ。という人は現地で友達を作りましょう。

ライブに来ている人はみんな同じ趣味を持っているはずなので、友達になれる確率は高いはずです。

でも、どうやって友達になるの?

1人で来ている人を見つけて声をかけるだけです。

声をかけるタイミングは開場待ちの時がベストです。

会場内に入ってしまうと、混雑していてゆっくり話すことができませんし、気持ちが高ぶっていて、他の人と話す余裕がないという人もいるかもしれません。

開場待ちのタイミングではほとんどの人が暇を持て余していますので、話しかければ答えてくれるでしょう。

直接声をかけるなんて勇気がいるし、無理だという人は、

SNSを利用して事前に友達を作っておく

TwitterなどのSNSを使えば簡単に同じ趣味を持つ人を見つけることができます。

お互いにメッセージを交わし、当日に会えば、知らない人に声をかけるよりはハードルが低くなると思います。

終わりに

ライブに行く目的は人それぞれですが、私の個人的な意見としては、ライブはアーティストのライブを楽しむ場所です。

仲間をわいわいやるとか、友達を増やすとかそういった目的がある人は複数人で参加することをおすすめしますが、どうしてもライブが見たいを言う人は1人でも参加すべきです。

1人での参加は決して恥ずかしいものでも寂しいものでもありません。

すべて自分の自由に好きなアーティストと向き合うことができるという最大のメリットがあります。

みなさんが勇気を持って一歩を踏み出してくれたら幸いです。


Written by Kenjiパンクロックやレゲエが好きです。

© 2020, Artist Village