Artist Village

【ライブ】CDJを100%楽しむために準備するべきこと

May 18, 2020

年越しと言えば、「紅白」「ディズニー」でもなく「CDJ!」ではないでしょうか。

CDJ初参戦の人もベテランの人も全力で楽しむために準備しておくべきことをお伝えします。

まず、CDJとは年末に行われるフェス「COUNT DOWN JAPAN」の略です。

毎年12月28日から12月31日(正確には元旦まで)にかけて4日間行われるロックフェスであり、場所は幕張メッセで行われます。

フェスと言えば夏フェスというイメージが強いかもしれませんが、冬に行われるフェスもかなり盛り上がります。

特にこのCDJはロックフェスの中でも最高に楽しいフェスなので、このフェスを100%楽しむためにどんな準備をすれば良いのかをお教えします。

早めにチケットを取る

CDJは大きなフェスといえど、かなり人気のあるフェスなので、チケットを取るのは難しいとされています。

チケットの発売は8月のロッキンジャパンで売られ始め、直前の12月まで7,8回程度抽選が行われます。

第4回目の抽選くらいまでは当たりますが、第5回目の抽選あたりから外れる人も出てきます。

目安としては、アーティストの日割りが発表されたタイミングで申し込まないと厳しいと思って良いでしょう。

タイムテーブルが出てからだと外れる可能性が高くなるので、アーティストをみて行きたい日を決めるのが良いでしょう。

タイムテーブルを決める

チケットが取れたら、タイムテーブルを決めましょう。

ステージが6つ程度あるので、どの時間にどのステージのアーティストを見るのかを決め、当日スムーズに行動できるようにしておきましょう。

同じステージにずっといると転換の待ち時間が発生するので、なるべくステージの移動を行い、無駄な時間をなくすというのも効率的です。

しかし、ステージ間で混雑していると移動に時間がかかってしまうこともあり、予定通りにいかないこともあります。

初めて行く人は混雑度やステージ間の距離など、イメージが湧かないところもあるかもしれませんが、これは経験するしかありません。

予定通りにいかなくても気を落とさず、次のCDJの糧にしましょう。

服装を決める

冬と言ってもライブ会場は暑いです。

ライブ会場までは厚着をしていきますが、会場についたら上着を預けましょう。

幕張メッセ内のコインロッカーに預ければ300円で済みますが、1度預けたら取り出すことができません。

クロークに預ければ1回1000円ですが、何度も取り出すことが可能です。

どちらに預けるかはその人の目的次第です。

グッズを買う人は取り出しのできるクロークに預ける方が良いですし、預ける時の混雑を避けたい人や少しでも安く済ませたい人はコインロッカーを使うことをおすすめします。

しかし、コインロッカーは数に限りがあるので、早めに行かないと取ることができない場合もあります。

風邪に気をつける

冬に大勢の人が集まるということは、風邪をひく可能性大です。

せっかくCDJを楽しんだのに、風邪をひいてしまってはせっかくの楽しかった思い出も台無しです。

CDJが終わったあとはおそらくみなさんお正月という楽しみも待っていると思うので、健康には気をつけましょう。

やはり楽しむ気持ちが大事

いろいろな準備をするためのテクニックをお伝えしてきましたが、やはり最後は楽しむ気持ちが一番です。

入場規制で見たかったアーティストを見ることができなかったり、欲しかったグッズを買えなかったりすることもあるかもしれませんが、楽しむ気持ちを忘れずに。


Written by Kenjiパンクロックやレゲエが好きです。

© 2020, Artist Village