声が出せないならアメリカに行けばいいじゃない

先日、アメリカでコーチェラ・フェスティバルが行われた。コーチェラは世界的に最大規模の音楽フェスである。何十万人も集まるようなフェスだから、人数制限して、マスクして、ワクチン証明書を見せないといけないんでしょ?と思ったそこのあなた。コーチェラは全てフリーです!

コーチェラ、マスク制限なしに関する記事

日本が実質的にマスクを強制して、人数制限をしながら何とかライブをやっている中、アメリカでは既にコロナが終わったかのように、数年前のフェスに戻っているのである。

だからといって、「早く日本も制限やめろ!」と言ってもムダだし、マスク無しで行ったら追い出されるだけである。

そこで考えた、日本のライブで声が出せないならアメリカに行っちゃえばいいじゃない、と。

外国に行くために、PCR検査や隔離生活などの条件はあるが、行けないわけではない。アメリカが自由なら、アメリカに行けばいいのだ!

お金が無いなら稼げばいいじゃない

アメリカに行って、フェスに参加し、日本に帰ってきてから隔離生活を送ったら一体いくらかかるのだろうか。50万か?100万か?そんなお金は無いからといって諦めるのは早すぎる。来年までに100万円、用意しよう、頑張ろう!

円安なんで外国に行くのはめちゃめちゃ高くなってると思うし、いろいろと制限があると思うけど、制限の中で楽しんだり、制限の抜け穴を見つけたりして、自分なりのリスクを考えていけばいいと思う。

日本のライブも行ってみようね

日本のライブを捨てたわけじゃなくて、今はどのライブもチケット取れるし、モッシュが無いから荷物をロッカーに入れたり、ケガをすることもない。家族で行くこともできるし、初心者の友達を連れて行くこともできる。

アメリカに行くのは、ライブで声を出したりモッシュしたいという僕の熱意があるからであって、日本がダメなわけじゃない。日本の今のライブならではの楽しみ方があるってことで、ネガティブに捉えないでほしい。

レッチリが新しいアルバムを出したのでご紹介。来年あたりアメリカのフェスに出ないかなぁ。

タイトルとURLをコピーしました